03-6424-4677
お気軽にお問合せください。
営業時間:
平日 9:00~17:00

定款

  1. 浅井政晃税理士事務所 >
  2. 会社設立に関する記事一覧 >
  3. 定款

定款

定款とは、「会社の憲法」ともいえ、株式会社等の法人の目的、名称、内部組織、活動等に関する根本的な規則を記載した書面のことをいいます。
会社の設立手続き上、必ず作成する必要のある書類の一つであり、作成後は会社の本店所在地管轄の公証役場で認証を受けなければなりません。

■定款の記載事項
定款の記載事項には、絶対的記載事項、相対的記載事項、任意的記載事項があります。

・絶対的記載事項
絶対的記載事項とは、定款に必ず記載する必要のある項目を指します。
これらの項目への記載を欠いた場合、その定款は無効となります。
具体的には、会社の目的、商号、本店所在地、設立に際して出資される財産の価値又はその最低額、発起人の氏名又は名称及び住所があります(会社法27条)。

・相対的記載事項
相対的記載事項とは、記載がなくても定款の効力自体には影響力がありませんが、定款に記載して定めない限りは、その効力が認められないものを指します。
具体的には、現物出資について、財産引受、発起人の報酬、設立費用、株式の譲渡制限に関する規定、株主総会の招集通知を出す期間の短縮、役員の任期伸長、株式発行の定めがあります。
なお、上記の中でも特に、現物出資について、財産引受、発起人の報酬、設立費用については、発起人等がその権限を濫用して会社に不利益を与える危険性が高いものであるため、変態設立事項(会社法28条)といい、裁判所の選任した検査役の調査が義務付けられています(会社法33条)。

・任意的記載事項
任意的記載事項とは、記載がなくても定款の効力に影響せず、また、記載して定款に定めない場合でもその効力が否定されるものではない項目を指します。
任意的記載事項については、主に会社の取り扱いについて対外的・対内的に明らかにする目的で、任意的に定款の中に記載します。
具体的には、定時株主総会の招集期間、営業年度、公告方法等が挙げられます。


浅井政晃税理士事務署では、大田区、品川区、川崎市、渋谷区、目黒区、新宿区、港区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の地域において、決算書の分析、青色申告、税務書類の保存期間など、様々な法人問題全般についてご相談を承っております。
お悩みの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。

浅井政晃税理士事務所が提供する基礎知識

  • IT会社を既に設立されている経営者の方へ

    IT会社を既に設立され...

    IT業界は、システム開発やアプリケーション開発、ソフトウェアといった特殊なポイントが多く、また取引の金...

  • 決算書の読み方と仕組み

    決算書の読み方と仕組み

    会社では、毎年のように決算を行います。この決算によって会社の経営状況を確認することが出来ます。しかし、...

  • 会社設立後の手続き

    会社設立後の手続き

    会社設立の手続きが完了したら、会社の代表として必要な手続きをする必要があります。 主に必要となるのが、...

  • 婿養子の相続権

    婿養子の相続権

    ■婿養子とは 婿養子とは、男性が結婚する際、お相手のご両親と養子縁組をすることをいいます。 これにより...

  • 相続手続きの流れ

    相続手続きの流れ

     相続は被相続人の死亡と同時に開始されます。被相続人がなくなったとき、まず7日以内に死亡届を提出します...

  • 生前贈与

    生前贈与

     相続税を節税する場合に最も効果的な手段として生前贈与を用いるものがあります。一口に生前贈与を用いる方...

  • 相続税の節税準備

    相続税の節税準備

     相続税の節税に当たって必要なことは、早めに準備を始めておくことです。相続税を節税するための控除などは...

  • 定款

    定款

    定款とは、「会社の憲法」ともいえ、株式会社等の法人の目的、名称、内部組織、活動等に関する根本的な規則を...

  • 会社設立する際は「株式会社」か「合同会社」かを選ぶ

    会社設立する際は「株式...

    日本で設立できる会社の種類に、株式会社と合同会社があります。 株式会社とは、株式を発行して投資家から...

ページトップへ