03-6424-4677
お気軽にお問合せください。
営業時間:
平日 9:00~17:00

法人成り(法人化)するベストタイミングはいつ?

  1. 浅井政晃税理士事務所 >
  2. 会社設立に関する記事一覧 >
  3. 法人成り(法人化)するベストタイミングはいつ?

法人成り(法人化)するベストタイミングはいつ?

法人成りとは、個人で始めた事業を法人化することを指します。
法人成りをすることによって、信用度が高まり、節税の幅が広がるなどメリットが得られます。
しかし、法人化にはリスクも存在するため、どのタイミングで行うのか悩む方は少なくありません。
そのため、しっかりと両者の違いを理解し、ベストタイミングを見極める必要があります。

基本的に、見極める際のポイントとして税率が挙げられます。
個人事業主、法人に関わらず徴収される税金の種類に違いはありませんが、設定されている税率に違いがあります。
それが、個人事業主にとっては所得税、法人にとっては法人税に当たるものです。
所得税は、累進課税制度が採用されているため、所得が増えれば増えるほど支払う税金の額も増加します。
一方で、法人税の場合は、開始事業年度で多少の変動はあるものの、純利益が800万円以下の部分には15%、800万円を超過している部分には23.2%と固定されています。
そのため、個人事業主の方の所得が800万円を超える場合、法人成りした方が節税できます。

また、消費税も1つの指標となります。
事業を始めて2年経っていない場合、売上が1000万円以下の場合は、消費税が発生しません。
そのため、売上が1000万円を超えた個人事業主の場合、そのタイミングで法人成りすることで2年間分の消費税の支払いを節約することができます。

これらの他にも、社会保険、対信用度、取引の関係など考慮する要素はあります。
また、法人成りにはお金がかかるため、いずれにせよ慎重な判断が求められ流ため、お悩みの際は、専門家に相談することをおすすめします。

浅井政晃税理士事務所では、大田区、品川区、川崎市、渋谷区、目黒区、新宿区、港区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県など関東圏で広く活動しています。
会社設立、起業に関してお困りの際は、お気軽にご連絡ください。

浅井政晃税理士事務所が提供する基礎知識

  • 相続税の非課税になる財産とは

    相続税の非課税になる財産とは

    相続する財産の中には、相続税が非課税となる財産も存在します。 ①墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具...

  • 会社設立における約款と定款の違い

    会社設立における約款と...

    「約款」と「定款」は似たような言葉ではありますが、それぞれ意味が異なります。 ■約款 一般的には、契...

  • 生前贈与を非課税にするには

    生前贈与を非課税にするには

    相続税は、資産を多くお持ちの方であれば多額の税金がかかることになります。そのため、相続税の節税対策を立...

  • ベンチャー企業とスタートアップの違い

    ベンチャー企業とスター...

    ベンチャー企業、スタートアップ、どちらも似たようなビジネス体系であるイメージですが、実際はどちらも異な...

  • 品川区の起業支援に強い税理士をお探しの方

    品川区の起業支援に強い...

    ■税理士の企業支援 会社設立後、事業を円滑に進行し、発展させていくためには資金調達も円滑に行われること...

  • 法人向けの節税対策

    法人向けの節税対策

    法人税とは、営利目的の事業を営む会社が得た利益に対して課される税金のことを指します。法人税は、益金から...

  • 遺言

    遺言

     遺言は、被相続人の財産などについて最後の意思表示を表すもので、相続人同士の紛争を防止する効果を持った...

  • 相続手続きの流れ

    相続手続きの流れ

     相続は被相続人の死亡と同時に開始されます。被相続人がなくなったとき、まず7日以内に死亡届を提出します...

  • 生前贈与

    生前贈与

     相続税を節税する場合に最も効果的な手段として生前贈与を用いるものがあります。一口に生前贈与を用いる方...

ページトップへ