03-6424-4677
お気軽にお問合せください。
営業時間:
平日 9:00~17:00

法人設立届出書

  1. 浅井政晃税理士事務所 >
  2. 会社設立に関する記事一覧 >
  3. 法人設立届出書

法人設立届出書

法人設立届出書とは、設立した法人の概要等を税務署や都道府県に知らせるための書類のことをいいます。
法人設立届出書は、法人の設立後に作成する必要があり、その設立日から2ヶ月以内に税務署と都道府県(都道府県税事務所の法人事業税課もしくは法人住民税課、市町村役場の法人住民税担当部署)に届出をしなければなりません(法人税法148条、法人税法施行規則第63条)。

なお、市町村役場への届出書提出については、法人の本店所在地が東京23区内にある場合は、都税事務所が合わせて管轄しているため、各区役所に届出書を提出する必要はありません。
その場合は、税務署と都税事務所に法人設立届出書を提出することで手続きは完了します。

届出書を提出する際には、定款のコピー、登記事項証明書、株式名簿または社員名簿、設立時の貸借対照表を添えて提出します。

届出の書類については、国税庁の[手続名]内国普通法人等の設立の届出のページや、各都道府県税事務所、市町村のウェブサイトからダウンロードして入手することができます。


浅井政晃税理士事務署では、大田区、品川区、川崎市、渋谷区、目黒区、新宿区、港区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の地域において、法人成り資金、法人成りと消費税、新創業融資制度など、様々な法人問題全般についてご相談を承っております。
お悩みの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。

浅井政晃税理士事務所が提供する基礎知識

  • 日本政策金融公庫で融資を受けるには

    日本政策金融公庫で融資...

    起業後は資金も乏しく、事業拡大もしづらい状況にあります。そのため、創業支援を依頼する、または資金調達を...

  • 保証協会付融資

    保証協会付融資

    株式会社や合同会社の資本金は、会社設立後の事業発展に大きな影響を与えます。 そのため、資金調達をどれだ...

  • 融資

    融資

    新たに会社を立ち上げて最初に立ちはだかる問題は、「資金」の問題です。 商品を仕入れたり、従業員を雇用し...

  • 婿養子の相続権

    婿養子の相続権

    ■婿養子とは 婿養子とは、男性が結婚する際、お相手のご両親と養子縁組をすることをいいます。 これにより...

  • 確定拠出年金のデメリット

    確定拠出年金のデメリット

    老後の年金を確保するために、現在「確定拠出年金」を始める方が増えてきています。確定拠出年金は所得控除を...

  • 相続税はいくらからかかる?

    相続税はいくらからかかる?

    相続税とは、ある人が亡くなったとき、その人の財産を配偶者や子どもなどが引き継ぐ際に支払う税金のことです...

  • 融資制度の解説~中小企業経営力強化資金~

    融資制度の解説~中小企...

    認定経営革新等支援機関と呼ばれるお墨付きを得た専門家の支援を受けることで利用できるのが中小企業経営力強...

  • 後妻がいる場合に起こりやすい相続トラブル

    後妻がいる場合に起こり...

    前妻との死別、または前妻と離婚した後に再婚した場合、後妻が法定相続人となります。 しかし、前妻との間に...

  • 記帳代行・給与計算

    記帳代行・給与計算

    企業経営者や個人事業主にとって、税務申告は大きな苦労の一つです。また、税務申告をしたり、経営状況把握の...

ページトップへ