03-6424-4677
お気軽にお問合せください。
営業時間:
平日 9:00~17:00

相続税に関する記事一覧

  1. 浅井政晃税理士事務所 >
  2. 相続税に関する記事一覧

相続税

相続は誰もが一生のうちに一度は経験する手続きと言われています。

自分が大切にしてきた財産をしっかりと次世代に継承するためには、税に関する豊富な知識と長期にわたるきめ細やかな対策が必要となります。
また、相続開始後の手続きにおいても、相続分等を工夫することで、相続税を安く抑え、亡くなった方の大切な財産をできるだけ承継することができます。

相続税に関連する手続きには、必ず税理士等のアドバイスが必要となりますので、詳しくは当事務所までご相談ください。

相続税に関する基礎知識や事例

  • 相続税申告相続税申告

     相続税申告の申告義務は、相続税が発生するときと、一部の特例を使用する時の2パターンあります。前者は、3年以内の贈与財産や生命保険の死亡保険料などのみなし相続財産をふくめた相続財産の総額が、基礎...

  • 相続税申告の流れ相続税申告の流れ

     相続税申告は、まず相続税の申告義務があるかの調査から始まります。相続財産が基礎控除額などを超えており、相続税が発生する場合、もしくは、小規模宅地等の特例や配偶者控除などの特例を利用する場合に申...

  • 相続手続き相続手続き

     相続は、被相続人がな亡くなったそのときから開始されます。相続に当たっては、まず、遺言があるかどうかが重要になります。遺言があった場合は、基本的にはその内容に従って相続が行われ、相続人間の紛争を...

  • 相続手続きの流れ相続手続きの流れ

     相続は被相続人の死亡と同時に開始されます。被相続人がなくなったとき、まず7日以内に死亡届を提出します。これを提出しないと火葬などを行うことができません。また、葬儀費用は相続税の控除を受けられる...

  • 不動産の相続不動産の相続

     土地や建物といった、不動産を相続した場合、相続登記を行う必要があります。相続登記とは、不動産の登記名義を被相続人から相続人のものに変更する手続のことをいいます。相続登記の手続は不動産所在地を管...

  • 遺言遺言

     遺言は、被相続人の財産などについて最後の意思表示を表すもので、相続人同士の紛争を防止する効果を持ったものです。遺言は、主に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類に分けることができま...

  • 相続対策相続対策

     相続対策には、様々な方法があります。 代表的なものとしては、生前贈与による対策や、相続税の控除枠を利用する方法、また、現金や預金を不動産にする方法などがあります。  生前贈与を利用する方法に...

  • 生前贈与生前贈与

     相続税を節税する場合に最も効果的な手段として生前贈与を用いるものがあります。一口に生前贈与を用いる方法といっても、様々なものがあります。代表的なものとして、年間110万円の基礎控除枠を利用する...

  • 相続税の節税準備相続税の節税準備

     相続税の節税に当たって必要なことは、早めに準備を始めておくことです。相続税を節税するための控除などは早いうちから準備を始めておかないと効果的な利用ができないものばかりです。特に生前贈与などはそ...

  • 相続税の基礎控除額相続税の基礎控除額

    相続とは、人の財産や借金などの権利義務を相続人へと承継することをいい(民法896条)、死亡したとき(同法882条)に開始されます。 例えば父、母、長男、次男の4人家族で父親が亡くなってしまったと...

  • 贈与税贈与税

    贈与(民法549条)とは、当事者の一方が財産を無償で与えることをいいます。そして、贈与される額が一定の金額を超えたときに、贈与税を納めなければなりません。 贈与税には「暦年課税」と「相続時精算...

  • 婿養子の相続権婿養子の相続権

    ■婿養子とは 婿養子とは、男性が結婚する際、お相手のご両親と養子縁組をすることをいいます。 これにより養子縁組をされた男性は養子となります。 対して、単にお相手のご両親と同居する場合や、お相手の...

  • 後妻がいる場合に起こりやすい相続トラブル後妻がいる場合に起こりやすい相続トラブル

    前妻との死別、または前妻と離婚した後に再婚した場合、後妻が法定相続人となります。 しかし、前妻との間に子どもがいた場合、その子供も法定相続人となります。 そのため、夫と死別した場合、夫と前妻の間...

  • 生命保険を活用した生前贈与生命保険を活用した生前贈与

    生命保険を活用し生前贈与を行うことで、相続税の節税対策をすることができます。 生命保険の保険金は相続財産の課税対象となりますが、一定の金額まで税金がかからないことになっています。 このことを活...

  • 相続税はいくらからかかる?相続税はいくらからかかる?

    相続税とは、ある人が亡くなったとき、その人の財産を配偶者や子どもなどが引き継ぐ際に支払う税金のことです。この相続税はいくらから払うことになるのでしょうか? 実は相続税には基礎控除というものがあ...

  • 相続税の非課税になる財産とは相続税の非課税になる財産とは

    相続する財産の中には、相続税が非課税となる財産も存在します。 ①墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしているもの なお、骨董的価値があるなど投資の対象となるものや商品として所有し...

浅井政晃税理士事務所が提供する基礎知識

  • 会社設立する際は「株式会社」か「合同会社」かを選ぶ

    会社設立する際は「株式...

    日本で設立できる会社の種類に、株式会社と合同会社があります。 株式会社とは、株式を発行して投資家から...

  • 相続対策

    相続対策

     相続対策には、様々な方法があります。 代表的なものとしては、生前贈与による対策や、相続税の控除枠を利...

  • 経営サポート

    経営サポート

    税理士は、税務に関するプロフェッショナルです。 そのため、節税対策や資金調達方法など、実践的な経営手腕...

  • 税務顧問

    税務顧問

    税務顧問とは、税金に関わる申告や申請といった税務代理のみならず、相続税申告書などの各種税務書類の作成や...

  • 後妻がいる場合に起こりやすい相続トラブル

    後妻がいる場合に起こり...

    前妻との死別、または前妻と離婚した後に再婚した場合、後妻が法定相続人となります。 しかし、前妻との間に...

  • ベンチャー企業とスタートアップの違い

    ベンチャー企業とスター...

    ベンチャー企業、スタートアップ、どちらも似たようなビジネス体系であるイメージですが、実際はどちらも異な...

  • 会社設立(法人化)するメリット

    会社設立(法人化)する...

    会社を設立する場合のメリットとデメリットは、会社設立に際して重要な判断要素となります。 以下では、会...

  • 法人成り(法人化)するベストタイミングはいつ?

    法人成り(法人化)する...

    法人成りとは、個人で始めた事業を法人化することを指します。 法人成りをすることによって、信用度が高まり...

  • 確定拠出年金のデメリット

    確定拠出年金のデメリット

    老後の年金を確保するために、現在「確定拠出年金」を始める方が増えてきています。確定拠出年金は所得控除を...

ページトップへ