03-6424-4677
お気軽にお問合せください。
営業時間:
平日 9:00~17:00

後妻がいる場合に起こりやすい相続トラブル

  1. 浅井政晃税理士事務所 >
  2. 相続税に関する記事一覧 >
  3. 後妻がいる場合に起こりやすい相続トラブル

後妻がいる場合に起こりやすい相続トラブル

前妻との死別、または前妻と離婚した後に再婚した場合、後妻が法定相続人となります。
しかし、前妻との間に子どもがいた場合、その子供も法定相続人となります。
そのため、夫と死別した場合、夫と前妻の間にできた子供と、初対面で相続内容について話し合わなければなりません。
また、夫は前妻との関係を断ち切って、後妻との生活を選んでいるという事実から、前妻との子供は後妻のことをよく思っていないことが多く、トラブルに発展することは少なくありません。
そのため、後妻がいる場合には早めに相続対策を進めておくことをおすすめします。

遺言書が無い場合、遺産の分け方は遺産分割協議によって決められます。
これに参加することが認められているのは、法定相続人だけです。
この法定相続人に当たるのは、まず戸籍上の配偶者に該当する者であり、内縁の妻や事実婚の場合の配偶者は該当しません。
そして、配偶者に加えて、被相続人の子供も法定相続人に当たります。
この場合でいう子供とは、前妻、後妻関係なく、被相続人の子供であれば該当します。
そのため、相続が発生した際には、前妻の子供にも通知する義務があります。

また、中には前妻の子供には相続させたくないと考えている方も存在します。
そのような場合、その旨を記載した遺言書を残す必要があります。
遺言書があれば、通知義務もなくなります。

しかし、子供に相続を行う必要がなくなった場合でも、遺留分は残ります。
遺留分とは、相続人が生活に困らない最低限度の財産は必ず相続できるように保障されている権利のことを指します。
遺留分は、法定相続分の半分が認められているため、遺留分の侵害が発生した場合、その支払いを行うこととなります。

このように、後妻がいる場合の相続にはトラブルが付きものです。
残された家族に全て負担がかかるため、生前に遺言書などの準備を進めておくことをおすすめします。

浅井政晃税理士事務所では、大田区、品川区、川崎市、渋谷区、目黒区、新宿区、港区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県など関東圏で広く活動しています。
会社設立、起業に関してお困りの際は、お気軽にご連絡ください。

浅井政晃税理士事務所が提供する基礎知識

  • 税務顧問

    税務顧問

    税務顧問とは、税金に関わる申告や申請といった税務代理のみならず、相続税申告書などの各種税務書類の作成や...

  • 相続手続き

    相続手続き

     相続は、被相続人がな亡くなったそのときから開始されます。相続に当たっては、まず、遺言があるかどうかが...

  • 決算書・税務書類

    決算書・税務書類

    本来ですと、事業活動はつねに継続していきます。しかし、そこに1年間という区切りを設けて、その期間内の利...

  • 法人設立届出書

    法人設立届出書

    法人設立届出書とは、設立した法人の概要等を税務署や都道府県に知らせるための書類のことをいいます。 法人...

  • ベンチャー企業とスタートアップの違い

    ベンチャー企業とスター...

    ベンチャー企業、スタートアップ、どちらも似たようなビジネス体系であるイメージですが、実際はどちらも異な...

  • IT業界に強い税理士の会社設立・法人化

    IT業界に強い税理士の...

    飲食店経営や派遣事業など、社会にはさまざまな事業・業界が存在しています。 その中でもIT業界は会社設立...

  • 定款

    定款

    定款とは、「会社の憲法」ともいえ、株式会社等の法人の目的、名称、内部組織、活動等に関する根本的な規則を...

  • 贈与税

    贈与税

    贈与(民法549条)とは、当事者の一方が財産を無償で与えることをいいます。そして、贈与される額が一定の...

  • 生命保険を活用した生前贈与

    生命保険を活用した生前贈与

    生命保険を活用し生前贈与を行うことで、相続税の節税対策をすることができます。 生命保険の保険金は相続財...

ページトップへ