03-6424-4677
お気軽にお問合せください。
営業時間:
平日 9:00~17:00

相続税申告

  1. 浅井政晃税理士事務所 >
  2. 相続税に関する記事一覧 >
  3. 相続税申告

相続税申告

 相続税申告の申告義務は、相続税が発生するときと、一部の特例を使用する時の2パターンあります。前者は、3年以内の贈与財産や生命保険の死亡保険料などのみなし相続財産をふくめた相続財産の総額が、基礎控除や債務控除などの控除額を差し引いた時に、プラスの額になるために相続税が発生する場合。後者は、小規模宅地等の特例や配偶者控除などの特例を利用する場合を指します。

 相続税申告書は第1表から第15表まであり、第1表が相続税の申告書になっています。他に代表的なものとして、第2表が相続税の総額の計算書、第4表から第8表が控除額の計算書、第9表から第15表までが被相続人の課税財産・債務についてとなっております。相続税申告の添付書類としての必要書類は、被相続人の全ての相続人を明らかにする戸籍謄本、遺言書又は遺産分割協議書の写し、相続人全員の印鑑証明があります。相続税の申告書類は、ある程度の規模の遺産がある場合は、税務署から送られてきますが、それ以外の場合は自分で税務署に行って取りに行くか、税務署に依頼して送付してもらう必要があるので、注意が必要です。

 相続税申告の期限は、相続開始の翌日から10ヶ月目の日となっており、それを過ぎて申告すると延滞税がかかります。期限後に申告する場合は、期限後申告書を提出する必要があります。この中身は、相続税申告書と同様ですが、遅れた分だけ無申告加算税と延滞税を払う日いつ用があります。また、期限内に申告したにもかかわらず期限後に新たに相続財産が見つかり、修正申告、納付した場合も延滞税がかかるので、注意が必要です。

 相続税申告の手続は煩雑かつ時間がかかるため、専門家に依頼することも考えられます。税理士に依頼する場合、報酬は遺産総額の0.5%~1.0%が相場と言われています。詳しくは、各税理士に相談することが望まれます。

 浅井政晃税理士事務所では、大田区、品川区、川崎市、渋谷区、目黒区、新宿区、港区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県にて相続や生前贈与、特例贈与財産や確定拠出年金、財形年金や相続税、遺言などを取り扱っております。お気軽にご相談ください。

浅井政晃税理士事務所が提供する基礎知識

  • 相続税の節税準備

    相続税の節税準備

     相続税の節税に当たって必要なことは、早めに準備を始めておくことです。相続税を節税するための控除などは...

  • 日本政策金融公庫

    日本政策金融公庫

    日本政策金融公庫は、主に小規模な会社に対して融資を行う政府系の金融機関です。株式会社日本政策金融公庫法...

  • 品川区の起業支援に強い税理士をお探しの方

    品川区の起業支援に強い...

    ■税理士の企業支援 会社設立後、事業を円滑に進行し、発展させていくためには資金調達も円滑に行われること...

  • 電子定款

    電子定款

    定款とは、「会社の憲法」とも言え、法人の目的、内部組織、活動についての根本的な規則を記載した書類のこと...

  • 会社設立後の手続き

    会社設立後の手続き

    会社設立の手続きが完了したら、会社の代表として必要な手続きをする必要があります。 主に必要となるのが、...

  • 決算書・税務書類

    決算書・税務書類

    本来ですと、事業活動はつねに継続していきます。しかし、そこに1年間という区切りを設けて、その期間内の利...

  • 贈与税

    贈与税

    贈与(民法549条)とは、当事者の一方が財産を無償で与えることをいいます。そして、贈与される額が一定の...

  • 港区の会社設立・起業相談は浅井政晃税理士事務所へ

    港区の会社設立・起業相...

    ■会社設立と税理士 会社設立のご依頼に際して税理士は以下のようなサポートを行います。 ・定款の作成 ...

  • 渋谷で会社設立をお考えの方へ|浅井政晃税理士事務所

    渋谷で会社設立をお考え...

    澁谷区は渋谷駅を中心にベンチャー企業・スタートアップ企業が多い街です。比較的若者が多い環境の中で、起業...

ページトップへ