03-6424-4677
お気軽にお問合せください。
営業時間:
平日 9:00~17:00

合同会社 株式会社

  1. 浅井政晃税理士事務所 >
  2. 合同会社 株式会社

合同会社 株式会社に関する基礎知識記事や事例

  • 保証協会付融資保証協会付融資

    株式会社や合同会社の資本金は、会社設立後の事業発展に大きな影響を与えます。 そのため、資金調達をどれだけ上手くできるかが、会社の存続を左右するといっても過言ではありません。 資金調達の方法の一...

  • 会社設立における約款と定款の違い会社設立における約款と定款の違い

    「約款」と「定款」は似たような言葉ではありますが、それぞれ意味が異なります。 ■約款 一般的には、契約や条約に定められている個々の条項のことを指します。また、保険約款や運送約款のように、あらか...

  • 渋谷で会社設立をお考えの方へ|浅井政晃税理士事務所渋谷で会社設立をお考えの方へ|浅井政晃税理士事務所

    澁谷区は渋谷駅を中心にベンチャー企業・スタートアップ企業が多い街です。比較的若者が多い環境の中で、起業を志す方も多いかと思います。 起業するときには個人事業主と会社設立の2種類のパターンがありま...

  • 会社設立(法人化)するデメリット会社設立(法人化)するデメリット

    会社を設立する場合のメリットとデメリットは、会社設立に際して重要な判断要素となります。 以下では、会社の設立のデメリットについて、個人事業の場合と比較してみていきます。 ■ランニングコスト...

  • 合同会社とは合同会社とは

    合同会社とは、出資者の全員が有限責任社員となって構成し、原則として出資者によって経営される会社の形態をいいます。 株式会社では、原則として出資者と経営者が分離しており、例外として株主総会で取締...

  • 会社設立する際は「株式会社」か「合同会社」かを選ぶ会社設立する際は「株式会社」か「合同会社」かを選ぶ

    日本で設立できる会社の種類に、株式会社と合同会社があります。 株式会社とは、株式を発行して投資家から資金を調達し、事業活動を行う会社をいいます。会社の経営は、株式を購入した人(出資者)が選任し...

  • 株式会社を設立するために必要な費用株式会社を設立するために必要な費用

    株式会社を設立する場合、定款の作成や登記申請等の手続きが必要となりますが、それに伴って様々な費用が必要となります。 ここでは、株式会社の設立費用と設立時に必要な資本金について記載します。 ■会...

  • 会社の設立方法会社の設立方法

    会社を設立する際には、会社名や事業目的等の基本事項、資本金や役員を決定することから始めるのが一般的です。 ■会社設立手続きの流れ 会社を設立する場合、一般に以下のようなステップを踏んでいきます...

浅井政晃税理士事務所が提供する基礎知識

  • 自分で会社設立する場合と、プロに依頼をする場合のメリットとデメリット

    自分で会社設立する場合...

    会社の設立には様々な手続きや作業が必要となっていますが、これらはプロである専門家にすべて任した方がいい...

  • 相続税申告の流れ

    相続税申告の流れ

     相続税申告は、まず相続税の申告義務があるかの調査から始まります。相続財産が基礎控除額などを超えており...

  • 不動産の相続

    不動産の相続

     土地や建物といった、不動産を相続した場合、相続登記を行う必要があります。相続登記とは、不動産の登記名...

  • 生前贈与を非課税にするには

    生前贈与を非課税にするには

    相続税は、資産を多くお持ちの方であれば多額の税金がかかることになります。そのため、相続税の節税対策を立...

  • 渋谷で会社設立をお考えの方へ|浅井政晃税理士事務所

    渋谷で会社設立をお考え...

    澁谷区は渋谷駅を中心にベンチャー企業・スタートアップ企業が多い街です。比較的若者が多い環境の中で、起業...

  • 遺言

    遺言

     遺言は、被相続人の財産などについて最後の意思表示を表すもので、相続人同士の紛争を防止する効果を持った...

  • 贈与税

    贈与税

    贈与(民法549条)とは、当事者の一方が財産を無償で与えることをいいます。そして、贈与される額が一定の...

  • 合同会社とは

    合同会社とは

    合同会社とは、出資者の全員が有限責任社員となって構成し、原則として出資者によって経営される会社の形態を...

  • 相続手続きの流れ

    相続手続きの流れ

     相続は被相続人の死亡と同時に開始されます。被相続人がなくなったとき、まず7日以内に死亡届を提出します...

ページトップへ